足の臭い(ニオイ)と水虫との関係

 ●このページでは、足の臭い(ニオイ)と水虫との関係についてわかりやすくご紹介しています。

楽天市場の足の臭い(ニオイ)対策用品一覧は、こちらからご覧いただけます。



 足の臭い(ニオイ)と水虫との関係

 足の臭い(ニオイ)の悩みを抱えている方にとって、まっ先に思い浮かぶのが”水虫”の不安なのではないでしょうか?

 足の臭い(ニオイ)の原因のページでもご紹介していますが、足のニオイは、足の裏にあるエクリン腺とアポクリン腺から出る汗や、足の皮脂、汚れなどをエサにして繁殖する雑菌やバクテリアが出す排泄物の腐敗臭と、水虫の症状から来る悪臭がいちばんの原因です。

 もちろん足が臭いからといって、それだけで必ず水虫だというわけではありません。ところが、実際のところ、水虫が原因という場合もけっして少なくないのです。


 水虫とは?

 水虫は、正式な病名を”足白癬(あしはくせん)”といいます。

 足白癬は、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる細菌が、私たちの足の皮膚の中で繁殖し、いろいろな症状を引き起こす皮膚の病気(感染症)です。ほとんどの場合、水虫ができるのは足で、例外を除けば足以外のところに水虫ができることはほとんどありません。

 水虫を引き起こす白癬菌は、足の皮膚だけでなく、足の爪の中入り込む場合もあります。この場合は、”爪水虫”と呼ばれています。正しくは”爪白癬(つめはくせん)”といいます。

 そして、白癬菌にはいろいろな種類があり、その種類によって現れる症状は様々ですが、白癬菌も通常の足のニオイの原因となる雑菌やバクテリアの仲間ですから、繁殖する条件もほぼ同じです。

 つまり、足の臭いがあるということは、雑菌やバクテリアが繁殖しやすい環境を持っているということですから、当然水虫の原因となる白癬菌も繁殖しやすくなり、結果として水虫になる確率が極めて高くなります。

 一般に、白癬菌の繁殖、つまり水虫による足の臭いは、通常の足のニオイよりも悪臭の程度が強いと言われていますが、科学的にはどちらが強いかは明確ではありません。

 いずれにしても、水虫は単に足が臭うだけでなく、れっきとした皮膚の病気ですので、心配があればかならず医師の診断を受けて、適切な治療を受けておくことが大切です。



人気の高い消臭靴下の一覧は、こちらからご覧いただけます。



 ”足の臭いの悩み・原因と対策・解消法”では、足の臭い(ニオイ)の悩みを抱える方に、ふだんの生活の中でできる”足の臭いの予防と対策・解消法”をご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。


楽天市場の消臭靴下の一覧は、こちらからご覧いただけます。


足のニオイ(臭い)の基礎知識

足の臭い(ニオイ)のリスクとデメリット足の臭いの原因
エクリン腺とアポクリン腺の働きと汗の違い足の臭いと靴・靴下との関係
足の臭いと食事の内容との関係足の臭いと多汗症との関係
足の臭いと水虫との関係足の臭いと加齢臭との関係
汗の臭いと体臭との関係白癬菌・雑菌・バクテリアの繁殖する条件
体が汗臭くなる理由と原因


足の臭い(ニオイ)の予防と対策

足の臭い(ニオイ)の予防と対策の基本足の臭いの予防と対策・靴選びのポイント
足の臭いの予防と対策・靴下選びのポイント足の臭いの予防と対策・入浴時の足のケア
足の臭いの予と対策・食事の内容と摂り方足の臭いの予防と対策・お酢を使った足湯ケア
足の臭いの予防と対策・ワンポイントテクニック

HOME 個人情報保護方針
リンク集 当サイトについて

Copyright (C) 足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 All Rights Reserved

inserted by FC2 system